イロハカの自転車日記

永盛帆布行のかばん

2016年05月18日

タグ: 

台南に旅行へ行った時にぜひとも立ち寄りたいお店がありました。帆布製のかばんを作っている「永盛帆布行」です。

場所は林百貨から歩いてスグ、文学館の反対側にあります。お店はこぢんまりとしているものの、ミシンがフル稼働していて、活気があります。若い女の子は英語が少し話せて、奥に座っているお婆さんは僕たち日本人が普段使っている日本語よりも丁寧な日本語で話し掛けてくださいました。おかげで無事にかばんを買うことができました。

ネットの口コミでこのお店を知ったのですが、このかばんはシンプルだけど使えば使うほど便利だなぁと最近感じています。内部のポケットには手帳や筆記用具を入れたり、小さなポケットには歯ブラシセットをいれて活用しています。

永盛帆布行には二日連続で立ち寄りましたが、まだ色々なかばんがあるみたいです。今度台南に行っても立ち寄りたいと思っています。

台南

台湾土地銀行(旧日本勧業銀行)のとなり

帆布

活気があってミシンがフル稼働してました。

バッグ

永盛帆布行のトートバッグ

ちなみに写真の左側に写っているDAKINE(ダカイン)のポーチも気に入って持ち歩いています。財布・スマホ・ハンカチを入れて、upstandもちょうど入るのでフラフラとロードに乗って写真を撮ってみたりしています。

どちらも愛着があるかばんなので大切に使っていこうと思います。