イロハカの自転車日記

upstandでロードバイクを立たせてみる

2016年05月14日

ロードバイクの写真を撮る際に「どうやってバイクを立たせるか」が命題になると思うのですが、僕の場合はいつも壁か電柱にもたれかかるようにバイクを固定して撮影していました。本当はかっこよくヘルメットを使いたいのですが、不器用なので上手くいきません。

そこで今回「upstand」というアイテムを買ってみました。

スタンドと言ってもカーボンの筒状になった折りたためる棒なのですが、それをクイックに挟んだタブのでっぱりへ差し込むというシンプルな構造です。なので折りたたんだスティックはジャージの背中とかにしまうなどして(ボトルゲージに取り付けるアダプターもあるそうです。)、タブはつけっぱなしで走ることができます。

あまり目立たないので自然な感じで撮影できると思います。

ただバイクが少し傾くため、前輪が動きやすいのでボトルとか石で固定して撮影することが多いです。それでも背中に入れてもそんなに気にならないし、のんびり走って気に入った風景が見つかったらバイクの写真を撮りやすくなったので重宝しています。

upstand

前輪が動くので工夫をしないといけないです・・・。