イロハカの自転車日記

Dark

アップルウォッチでStravaに記録する

2019年12月22日

最近サイコンを使わずにアップルウォッチでSTRAVAに記録をアップロードしているのが便利なのでまとめてみました。

サイコンの機能は確かに便利

あくまでも僕のようにGPSログを残したいだけの人には便利なのかもしれませんが、サイコンはその目的に特化して作られているのでケイデンスやワット数など欲しいデータがある場合はサイコンを使うのが良いと思います。今使っているのは2年前に購入したApple Watch 3ですが今はApple Watch 5も出ていますね。3の方が今はかなりお値打ちで販売されているので、今買うなら3をオススメします。
 

AppleWatch Series3

AppleWatch Series3


 

AppleWatch Series5

AppleWatch Series5


 

AndoidのスマートウォッチのOSにはWear OS by Googleというのがあります。通知機能以外にもGoogle PlayでインストールしてGoogle FitでSTRAVAを管理できそうですが、端末によって機能が違うみたいですので購入前にはよく調べてみることをおすすめします。 ちなみにWear OS by Google搭載スマートウォッチとの同期の仕方などのページを参考にしていただけると分かりやすいと思います。

アップルウォッチでは事前に設定をしておくと自動的に一時停止を検知してくれて、心拍も勿論検出してくれるので予想より正確な記録が取れるなぁと感じました。あくまで僕の使い方に合っているという感想なので使い方によっては物足りないかもしれません。加えて今のサイクルコンピューターは高機能かつお値打ちなラインナップが登場していますので用途に応じて選ぶのが最良なのは今までと変わらないと思います。それでもズボラな僕の性格から言うと、毎日腕に付けているのが習慣となったアップルウォッチでログが取れるのは気楽でいいなぁと感じている次第です。 できれば最近登場した2週間もバッテリーが持つ某スマートウォッチみたいにアップルウォッチも次のバージョンで超進化してくれるといいなぁ・・・。

 

距離やGPSの精度もまずまず

距離やGPSの精度もまずまず


 
パワーはあまり気にしていません。

パワーはあまり気にしていません。


 

AppleWatchの機能と設定 - Strava