イロハカの自転車日記

最近のサイコンが凄くお値打ちです。(当社比)

2017年09月05日

先日ジャイアントジャパンの販売店向け2018年モデル展示会があったそうで、色々なお店の方のブログを拝見している中でサイクルコンピューターに目が行きました。これは安いんじゃないか・・・。

Giant NEOS TRACK

少し前にUSサイトでは180ドルという価格でGPS機能・Di2のギア把握も可・ANT+・IPX7防水・33時間のバッテリーと宣伝してあったのですが、果たして日本で販売するのか気になってはいました。どうやら色んな日本のブログを見る限り、お値段は22,000円(税別)と凄くお値打ちで販売するようです。(心拍センサーは別売)すごい!奇しくも同じような画面サイズのガーミンを僕は持っているのですが、3倍以上高いかな・・・。ほら、まぁ僕のは液晶がカラーですしね。しくしく。

GiantNeosTrack

ジャイアント NEOS TRACK

NEOS TRACK | GIANT Bicycles

オートシンク : 走行データはWi-Fi経由でSTRAVAやTrainingPeaksへの自動アップロードに対応。

え、なにこれ凄い便利!

そもそも論からしてスマホで十分ではないかという議論が昔からありますが、STRAVAのアプリを起動させたまま走るとバッテリーを結構消費しているような気がするんですが、気のせいですかね。サイコンはサイコンとして持っていてもいいんじゃないかな、と思わせてくれる価格と性能だと思います。このサイコンはGiantが機材を供給しているSunwebで実践投入されているだけに単に安さではなくて機能重視だというのが良くわかります。

もう少し安いモデルもあったのですが、僕が買った某社のサイクルコンピューターはパソコンが買えるくらいの価格でした。貧乏性なので毎回短いライドにも使ってSTRAVAにもアップしていたのですが、僕みたいなライトユーザーも満足できるサービスです。

どのルートを走ったのかは当然のこと、どの区間は何km/hで走ったのか、その時の傾斜は何度だったのかなどパワーメーターとリンクさせればセグメントごとの出力も見ることができるので練習には最適のツールだと思います。それがグッとお値打ちに登場したのはすごいです。

もうひとつお値打ちなサイコンが最近紹介されました。Lezyne(レザイン)のサイクルコンピューターです。

Lezyneと言えば高級で品質の良いバイクツールがメインだと思っていたのですが、お値打ちなGPSサイコンもラインナップしていたのですね。最近登場したものはアップデートされて16,800円(税別)とこちらもお値打ちです。

Lezyne

レザインのSuper GPS

機能を割り切って考えればMacro GPSで十分じゃないかと。スマホと連携して大体のことはできちゃいます。

Lezyne

レザインのSuper GPS

やっぱり色々な選択肢が出てきたのは良い事だと思います。記事には高校生のような若者が気軽に買えるようにと書かれていましたが、高校生や若い人も良いものなら対価を支払っても欲しいものは買うことを留意しておいた方が良いと思います。単に安いのではなくて、魅力的な商品力と価格展開は若い人だけではなくて、僕みたいなオジさんにも十分訴求効果はあると思います。

今後もサイコン導入のハードルが低くなれば面白くなりそうだと思っています。