イロハカの自転車日記

オレゴンのハンドメイドバイク

2017年02月20日

タグ: 

もうここ何年かオレゴン州、とくにポートランドのカルチャーがフォーカスされていて興味があったのですが、興味を持ったら危なそうな魅力的なモノがいっぱいあって正直見て見ぬ振りをしてきました。

むかし働いていた旅行会社では上司がポートランドのツアーを添乗していて、すこぶる好評みたいです。コーヒーも行きたいお店があるし、Pendletonも行って見たいし、Dannerで靴も買いたい。何よりフレームビルダーさんの工房にお邪魔してフレームを頼みたい・・・。少し想像しただけでも破産しそうなので、お金を貯めてからポートランドには行きたいと思っています。

ポートランドといえば、ずいぶん昔に弟が留学していて隣の家へ遊びに車で結構かかったくらいの田舎というイメージがあるくらいでした。旅行会社勤務時代には入管が理不尽なくらい厳しくて入国できなかった人がいたので良いイメージはありませんでした。 そんな時代はとっくの昔になってしまい、今ではアメリカでもっとも住みたい街となっているそうです。自転車が好きな人にはクリス・キングがあることでも有名ですね。

そんなオレゴン州のフレームビルダーのバイクで気になっているブランドを選んでみました。もちろんディスクロードで。

Breadwinner Cycles

ダウンチューブのロゴがかっこよくて海外の記事を読んで気になっていたブランドです。ブルーの色合いが好きです。

Breadwinner

Breadwinnerのロングライド向け

English Cycles

最初本当にイギリスのフレームビルダーかと思ったら、ユージーンのビルダーさんの名前だったんですね。

イギリスの国旗がややこしいけどオシャレでいいと思います。フレームからコンポーネントを組み合わせて組んでくれるというのがおもしろいです。(お金はかかるけど)

English

English Cycles

Speedvagen

本物を何度かお見かけしましたが、かっこよくて震えました。日本代理店を通して買えます。昨年はフィッティングツアーで来日してましたよね。結構世界中でフィッティングツアーをやっているみたいで、人気の高さを知りました。

Speedvagen

Speedvagen Disc Road

Tonic Fabrication

アメリカのフレームビルダーをはじめて知るきっかけになったブランドです。日本代理店TKC Productions代表で中年のアイドルのテースケ氏がCXチームで活躍していて常に注目の的になっていますね。最近velocultのイベントでディスクロードっぽいのが写真で見かけられたので、本命はこれかなぁ・・・お金貯めないといけないですが。最近新調されたテースケ氏のロードも凄くかっこいいです。

Tonic

シルバーのシンプルな色合いがかっこいい。

ディスクロードもオーダーできるそうです。うーん、欲しい!