イロハカの自転車日記

TopstoneはSlateの後継者か

2020年05月31日

キャノンデールのTopstoneにレフティバージョンが登場しました。

キャノンデールにおけるグラベルバイクの集大成かも

数年前に登場したキャノンデールのSlateが記憶に新しいところですが、サスが高かったのかわからないものの、お値段がちょっと手が届きにくい気がしていました。
その後同社のグラベルバイクはTopstoneに変わりました。 が、ここで従来のTopstoneにあったリアのキングピンに650bホイールという要素に、キャノンデールが従来から持ち続けてきたLefty Oliverフォークの持つ強烈な個性が追加されて再登場してきた感じがします。
 

Topstone SORA 115,000円

Topstone SORA 115,000円


 
Topstoneでもアルミフレームでサス無しだと115,000円とお値打ちです。ただ、キングピン搭載モデルやレフティー搭載モデルになるにしたがってお値段は上がっていきます。
105とキングピン搭載のアルミモデルは275,000円。そしてレフティーも搭載のカーボンモデルは380,000円。
 
Topstone 105 275,000円

Topstone 105 275,000円


 
いやーここまできたらレフティーを買うべきでしょう!強く推す理由がまったくないのですが強そうだし・・・。だってサスペンションがあったら下る時に楽ですからね。MTBでいいじゃないかというのは置いておいて。  
ここで僕はいつも考えてしまうんです。
そもそもグラベルロードにサスペンションは必要なのか。どの程度の路面を走るためにサスペンションが必要なのか・・・。日本にグラベルロードというのは存在するのか・・・。河川敷や田んぼの砂利道はグラベルですか・・・。生命とは・・・。宇宙とは・・・。
 
 
Slate

Slate


 
 
Gravel Bikes | cannondale bikes